メタボリックシンドローム
メタボリックシンドローム対策
美容のために

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)とは?

運動不足や栄養の摂りすぎ、不健康な生活習慣から内臓に脂肪が蓄積した肥満は、インスリン抵抗性が増した為に代謝機能の不調を促します。このような状態に、高血圧や高脂血症、高血糖が重なった、様々な病気が引き起こされやすくなった状態をメタボリックシンドローム(Metabolic Syndrome)と呼びます。

2008年4月から、健診項目に「腹囲(へそ回り)」と血清尿酸の測定が新たに義務づけられます。対象は男性女性ともに40歳以上で、男性は腹囲85cm以上、女性は腹囲90cm以上に加え高脂血症・高血圧・高血糖の3つの項目のうち2つ以上に該当すればメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の有病者と判断され、3項目のうち1つに該当しても予備軍と判断されます。(将来的に基準が変更になる可能性もあります。腹囲85cm未満だから安心というわけではありません。痩せていてもメタボリックシンドロームになる可能性はあるのです。)

メタボリックシンドロームが与える社会的影響は大きく、個人の場合「保健指導」への参加や再検査と治療費の負担が増えます。企業に至っては有病者に対する保健指導や保険料の負担が増えることになります。

内臓脂肪のメカニズム ・・・ 内臓脂肪を代謝させるには

メタボリックシンドロームからの解放

有病者・予備軍にならないために、既になってしまっている方のために私たちは医師の監修の上、メタボリックシンドロームのメカニズムをわかりやすく説明し、内臓脂肪を減らす方法をご提案します。